奨学金制度SCHOLARSHIP

奨学金制度

 

令和4年度の奨学金制度情報は令和3年9月ごろ更新します。

愛知県入学納付金補助金(令和3年度参考)〈愛知県在住者〉

生徒及びその保護者が愛知県内に住所を所有し、所得基準を満たす場合、生徒の保護者の負担を軽減するための入学納付金が愛知県から支給されます。

  
本校分 通信制高校併修分 所得基準
86,500円 15,600円 102,100円 所得基準が354,500円未満の世帯
43,200円 7,800円 51,000円 所得基準が354,500円以上から452,500円未満の世帯

※所得基準:保護者等の県民税所得割額と市町村民税所得割額を合算した金額

愛知県私立専修学校高等課程授業料軽減制度〈愛知県在住者〉および
国の高等学校等就学支援金制度(令和3年度参考)

愛知県私立専修学校高等課程授業料軽減制度では、生徒及びその保護者が愛知県内に住所を有し、所得基準を満たす場合、生徒の保護者の負担を軽減するため、愛知県が授業料の一部を補助しています。
国の高等学校等就学支援金制度では、高校生等のみなさんが安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、所得基準を満たす場合、国の費用により、生徒の授業料に充てる高等学校等就学支援金を支給し、家庭の教育負担を軽減します。

                                                            
県の区分(月額) 国の区分(月額) 通信制高校併修分
(月額)
月額合計 所得基準
0円 33,000円 4,000円37,000円
(年額444,000円)
計算結果が154,500円未満の世帯
23,100円 9,900円 4,000円37,000円
(年額444,000円)
計算結果が212,700円未満の世帯
6,000円 9,900円 2,100円18,000円
(年額216,000円)
計算結果が270,300円未満の世帯
0円 9,900円 0円9,900円
(年額118,800円)
計算結果が304,200円未満の世帯

※「計算結果」とは「市町村民税の課税標準額×0.06-市町村民税の調整控除額」の金額。政令指定都市(名古屋市等)に納税している場合、市民税の調整控除額3/4を乗じた額を減じる。

高校生等奨学給付金(私立高等学校等奨学給付金)制度(令和3年度参考)

高等学校等に通う低所得世帯の生徒が安心して教育を受けられるよう、教育費負担を軽減するための給付金が、お住いの都道府県から支給されます。

【支給対象者】下記の①~④すべての条件を満たす方
7月1日時点で、
  
①保護者(親権者)の住民票が申請する県内にあること
②就学支援金の申請をしていること
③生活保護(生業扶助)受給世帯、又は保護者全員の市町村民税所得割額が非課税であること
④児童福祉法による児童入所施設費等の対象となる高校生等で見学旅行費又は特別育成費(母子生活支援施設の高校生等を除く)が措置されていないこと。
【支給金額】
年額 非課税世帯は、一人につき98,500円(保護者が対象生徒以外に15歳(中学生を除く)以上23歳未満の兄弟姉妹を扶養している場合は、138,000円)。生活保護(生業扶助)世帯は、52,600円。
※各都道府県において制度の詳細は異なります。上記は、愛知県の場合となります。

愛知県高等学校等奨学金制度

条件:保護者が愛知県在住で、経済的支援を必要とする場合
(利用については、保護者の収入額等に一定の基準があります。)

借入額と返済期間
①年額360,000円、月額30,000円(自宅通学の場合)  返済期間 卒業後12年
②年額132,000円、月額11,000円  返済期間 卒業後6年
※①②とも無利子です。
※①②いずれかの奨学金制度から選択
※卒業して半年後から月賦・半年賦・年賦のいずれかによる均等返還

詳細は愛知県教育委員会にお問い合わせください。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kotogakko/0000006059.html

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

対象者:配偶者のない女子または配偶者のない男子であって現に児童を扶養しているもの等

借入額と返済期間
①修学資金:月額45,000円(自宅通学の場合) 返済期間 卒業後20年
②就学支度資金(一括交付):410,000円(自宅通学の場合) 返済期間 卒業後20年
※①②とも無利子です。

詳細はお住いの市町村役場のお問合せください。
愛知県の問合先
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kotogakko/0000006059.html

各県、各市町村による補助制度

愛知県以外の各県および、愛知県内の各市町村において授業料補助制度もあります。詳細については、在住の教育委員会や市町村窓口にお問合せください。

本校独自の奨学金制度

詳細は本校にお問合せください

特待生奨学金制度

推薦によって入学する生徒で、向上心に富み、成績優秀と認められる者を特待生として奨学金24万円を支給する制度です。

高等学校・専門学校ファミリー奨学金制度

新入生の二親等以内の親族が本学園の在校生または卒業生である場合には、奨学金として30万円を支給します。
年額10万円又は30万円 返済期間...卒業後1年経過した日から5年以内

恒学基金奨学制度

本学園の生徒で、進級する生徒を対象に、一定の条件を満たせば無利息で貸与されます。
年額10万円又は30万円 返済期間...卒業後1年経過した日から5年以内

電波学園提携クレジット会社による学費サポート制度

電波学園と提携したクレジット会社(株式会社オリエントコーポレーション、株式会社セディナ)より入学金や授業料などの納付金を有利子(年3.5%)で借りることができます。

姉妹校進学減免制度

本校高等課程へ入学後、電波学園各校へ進学する場合には、専門課程への入学金が全額免除され、大学または短期大学へ進学する場合には、入学金が減額されます。

PAGE TOP